News

Science

東京大学及びアルマード 産学連携研究成果に関する電子ジャーナル掲載の
お知らせ

国立大学法人東京大学と、株式会社アルマードでは、2007 年より産学連携によって、
卵殻膜摂食による消化吸収に関する研究を行ってきましたが、このたび、本研究成果をまとめた論文が、
世界的な総合科学ジャーナル「Nature」を出版する、ネイチャー・パブリッシング・グループ(NPG)が運営する、
オープンアクセスの学際的電子ジャーナル「Scientific Reports(http://www.nature.com/scientificreports)」において、
2014 年12 月15 日(月)に掲載されました。

今回掲載された論文は、卵殻膜東京大学産学研究チームである、東京大学・加藤久典特任教授のグループによる、
四塩化炭素誘導肝障害モデルラットが、微粉砕された卵の薄皮である「卵殻膜」の摂取により、
肝障害の症状が改善され、炎症や肝繊維化形成が抑制されている方向の様々な変化が見られた、という成果に関する
ものです。

この非常に画期的な成果により、卵殻膜の今後の可能性にさらなる注目が集まっています。

●掲載論文について
【掲載論文タイトル】 Eggshell membrane ameliorates hepatic fibrogenesis in human C3A cells and rats through changes in PPARγ-Endothelin 1 signaling
(日本語訳:卵殻膜がPPARγ-Endothelin 1 シグナリングにおける調節により肝障害を改善する)
【掲載先URL】 http://www.nature.com/srep/2014/141215/srep07473/full/srep07473.html

●掲載媒体概要
【媒体名】 Scientific Reports
【カテゴリー】 一次研究論文を掲載するオープンアクセスの学際的電子ジャーナル
【掲載先URL】 (http://www.nature.com/scientificreports)
【領域】 自然科学(生物学、化学、物理学、地球科学)のあらゆる領域を対象
【出版元】 ネイチャー・パブリッシング・グループ(Nature Publishing Group、NPG)

■ プレスリリースはこちらです

PDF
gototop