• 新着情報
  • 会社情報
  • 企業理念
  • アルマードの研究
  • 採用情報
  • お問い合わせ

アルマードの研究

アルマードは卵殻膜を日本で初めて食するサプリメントを開発し、特許を取得いたしました。
そして、卵殻膜を食することでどんなことがあるのかを研究いたしました。今日までの研究済内容は下記の通りです。

東京大学及びアルマード 産学連携研究成果に関する電子ジャーナル掲載のお知らせ
国立大学法人東京大学と、株式会社アルマードでは、2007 年より産学連携によって、
卵殻膜摂食による消化吸収に関する研究を行ってきましたが、このたび、本研究成果をまとめた論文が、
世界的な総合科学ジャーナル「Nature」を出版する、ネイチャー・パブリッシング・グループ(NPG)が運営する、
オープンアクセスの学際的電子ジャーナル「Scientific Reports(http://www.nature.com/scientificreports)」において、
2014 年12 月15 日(月)に掲載されました。

今回掲載された論文は、卵殻膜東京大学産学研究チームである、東京大学・加藤久典特任教授のグループによる、
四塩化炭素誘導肝障害モデルラットが、微粉砕された卵の薄皮である「卵殻膜」の摂取により、
肝障害の症状が改善され、炎症や肝繊維化形成が抑制されている方向の様々な変化が見られた、という成果に関する
ものです。

この非常に画期的な成果により、卵殻膜の今後の可能性にさらなる注目が集まっています。

●掲載論文について
【掲載論文タイトル】 Eggshell membrane ameliorates hepatic fibrogenesis in human C3A cells and rats through changes in PPARγ-Endothelin 1 signaling
(日本語訳:卵殻膜がPPARγ-Endothelin 1 シグナリングにおける調節により肝障害を改善する)
【掲載先URL】 http://www.nature.com/srep/2014/141215/srep07473/full/srep07473.html

●掲載媒体概要
【媒体名】 Scientific Reports
【カテゴリー】 一次研究論文を掲載するオープンアクセスの学際的電子ジャーナル
(http://www.nature.com/scientificreports)
【領域】 自然科学(生物学、化学、物理学、地球科学)のあらゆる領域を対象
【出版元】 ネイチャー・パブリッシング・グループ(Nature Publishing Group、NPG)

プレスリリースはこちら PDFアイコン (別ウィンドウが開きます)

PDFファイルをご覧になるには、 Acrobat Reader(無料)が必要となります。
東京大学及びアルマード産学連携の研究成果が学会発表されました
身近な食品ながら産業廃棄物とされる「卵殻膜」摂取により、国の難病に指定されている潰瘍性大腸炎の炎症を抑制

■第68 回日本栄養・食糧学会
■2014 年6 月1 日(日)(開催場所:札幌市教育文化会館)

東京大学・加藤久典特任教授のグループが、微粉砕された卵殻膜の摂取により、
国の難病に指定されている潰瘍性大腸炎の炎症を抑制することを実証しました。

また、肝障害の症状が改善され、さらに遺伝子レベルでの解析により炎症や肝繊維化形成が抑制
される方向の変化が誘導されることも実証されています。

プレスリリースはこちら PDFアイコン (別ウィンドウが開きます)

PDFファイルをご覧になるには、 Acrobat Reader(無料)が必要となります。
東京大学及びアルマード産学連携の研究成果が学会発表されました
東京大学及びアルマード産学連携の研究成果が学会発表されました。

■栄養補助食品・機能性食品国際学会
■2012年12月4日(開催場所:アメリカ合衆国ハワイ州)
■演題:Suppressive effects of eggshell membrane on carbon tetrachloride-induced hepatic injury in rats.
(卵殻膜摂取が四塩化炭素誘導肝障害モデルラットに及ぼす影響)
東京大学及びアルマード産学連携の研究成果が学会発表されました
東京大学及びアルマード産学連携の研究成果が学会発表されました。

■第44回日本結合組織学会学術大会・第59回マトリックス研究大会合同学術集会
■2012年6月7日~8日(日本青年館ホテル)
■演題:加水分解卵殻膜塗布によるヒト皮膚の粘弾性及びマウス皮膚III型コラーゲンの増加
東京大学及びアルマード産学連携の研究成果が学会発表されました
東京大学及びアルマード産学連携の研究成果が学会発表されました。

■第66回日本栄養・食糧学会大会
■2012年5月20日(東北大学川内北キャンパス)
■演題:卵殻膜摂取が四塩化炭素誘導肝障害モデルラットにおける脂質過酸化に及ぼす影響
東京大学及びアルマード 産学連携の研究成果論文が
アメリカの専門ジャーナル「Cell & Tissue Research」に掲載決定
東京大学及びアルマード 産学連携の研究成果論文がアメリカの専門ジャーナル「Cell & Tissue Research」に掲載されました。

「適度な量の卵殻膜が創傷治癒プロセスに必須のIII型コラーゲン遺伝子発現を促進することを細胞レベルで初めて証明」

国立大学法人東京大学と、株式会社アルマードでは、2008年4月より、産学連携による「卵殻膜の細胞・身体ダイナミクス効果に関する研究」を行ってきましたが、このたび、本研究成果の論文が、アメリカの細胞及び組織に関する専門ジャーナル「Cell & Tissue Research」(出版元:Springer(U.S.A))に認められ、同誌オンライン版に2011年5月20日(金)に掲載されました(追って誌面版が2011年6月に発刊予定)。当論文は、約400年以上前より“生活の智恵”として中国や日本などアジアにおいて創傷治癒等に用いられてきた「卵殻膜効果」のメカニズムの一端に関し、先端科学によって初めて明らかにした点が評価されました。

■論文概要
発表媒体:「Cell & Tissue Research」(オンライン版及び誌面版)
http://www.springerlink.com/content/tuu5817017574754/

媒体プロフィール:
・出版元 Springer(本社:ドイツ、同媒体出版編集部:U.S.A.)
・媒体領域
分子・細胞生物学および組織に関する研究領域をカバー。遺伝子産物の統合的な挙動およびそれが組織構造形成と機能に与えるインパクトに関する解析データを示して討論する場を提供する。

論文タイトル
(英文)Hydrolyzed eggshell membrane immobilized on phosphorylcholine polymer supplies extracelluar matrix environment for human dermal fibroblasts
(和訳)ホスホリルコリンポリマー上に固定化した加水分解卵殻膜は、ヒト皮膚線維芽細胞に細胞外マトリクス環境を与える

プレスリリース(Almado_press_release_20110513.pdf)はこちら PDFアイコン (別ウィンドウが開きます)

PDFファイルをご覧になるには、 Acrobat Reader(無料)が必要となります。
東京大学との産学連携、卵殻膜の更なる可能性についての研究

アルマードは東海大学体育学部の岩垣先生と卵殻膜を摂取することで、どのような効果が得られるのかを共同研究をして参りました。そんな中で卵殻膜の更なる可能性を追求しようと、東京大学の先生方より卵殻膜の研究をしたいとご提案が御座いました。打合せを重ね、最終的に、2つのグループ(加藤先生グループ、跡見先生グループ)で共同研究の契約をし、卵殻膜の研究を進めています。東京大学産学連携本部から共同研究の契約に至った化粧品関連企業ではアルマードが第一号です。


東京大学ホームページ
Proprius21:東京大学と三井住友銀行 
中小企業向けの産学連携の新プログラムで共同研究1号案件合意について
http://www.ducr.u-tokyo.ac.jp/jp/materials/pdf/information/2007-04-23_Proprius21.pdf
東京大学 サスティナビリティ学連研究機構 教育学博士 跡見順子教授グループとの共同研究
1.卵殻膜成分の細胞への効果についての検証
2.卵殻膜成分をヒトの皮膚へ塗布した場合に、どの様な効果を及ぼすかの検証
東京大学大学院農学生命科学研究科 農学博士 加藤久典教授との共同研究
加藤教授は食事因子がコラーゲン合成に対して、どのように影響するかを長く研究しており、特にIII型コラーゲンの研究に力を入れて研究されている先生です。

1.卵殻膜成分を摂取することで、どのような効果を及ぼすかの検証
2.卵殻膜を摂取することで、繊維芽細胞にどのように働きかけてIII型コラーゲンの生成をサポートしているかの検証
3.皮膚のIII型コラーゲンの代謝において、卵殻膜がどのように作用するのかの検証
⇒研究の成果は学会発表、または論文発表の予定です。
東海大学との研究
東海大学医学博士 岩垣丞恒教授との研究
  • ラットを使った動物実験(安全性の確認)
  • 繊維芽細胞の増殖とその作用
  • スポーツ選手の障害の改善と予防について(逸脱酵素と故障の減少)
  • SHRラットに摂取させた影響(血圧に関して)
  • 卵殻膜粉末(EMプロテイン)を食することでミトコンドリアが大きく元気になる
  • その他数々

東海大学医学博士 岩垣丞恒教授とアルマードの対談
怪我の故障が減少
アルマード:「今日は、株式会社アルマードが卵殻膜を配合しましたサプリメントについて、色々と共同研究をしていただいております、東海大学体育学部 岩垣博士にいろいろとインタビューとさせていただきます。よろしくお願いします。」
岩垣:「どうぞよろしくおねがいします。」
アルマード:「卵殻膜を入れたサプリメントを2年数ヶ月前から研究をしていただいているのですが、どんなことが分かってきましたでしょうか?」
岩垣:「最初行いましたのは、培養細胞を用いるというもので、その結果、培養細胞の数がドンドンドンドン増えていくということでした。 ただ食べた場合にはどういう形でその作用が出てくるか、ということは予測できなかったです。我々が食べた場合の実験を、色々なヒトの症状の改善から考えまして、 今まで肩こりだの関節痛だの膝が痛いだのといったところにかなり効果があると考えました。学生にそれを呑ませて本当に障害が治るかどうか、 このことはスポーツ選手にとって、非常に重大な問題なんですが、大体45%くらいの人が怪我の故障が少なくなったことがわかりました。」

細胞死の減少
アルマード:「先生、最近オゾン層が大分破壊されていまして、非常に紫外線が皮膚に影響あるということもありますが、このEMプロテインはそういうことに関して何かいいことはありますでしょうか?」
岩垣:「特に紫外線の研究はしていませんが、増殖していく細胞の中の死細胞の数が非常に減ってくるということになりますから、所謂、細胞が死ににくくなる。 細胞自体が防御されているという格好になっていますから、紫外線に対しても、皮膚の細胞を防御するという作用が保たれているのではないかと考えています。」
アルマード:「細胞は強い紫外線に当たるだけでドンドン死んでいくと言われていますので、そういう意味でもEMプロテインは非常に効果的ですね。」
岩垣:「そうですね。我々の培養実験の成果からですとそういうことはかなり明確に出ていますから、そのことに関しては間違いないと考えています。」

構造を立て直す健食
アルマード:「その他に、何かEMプロテインについてございますか?」
岩垣:「これまで研究してきた段階ではですね、確かに機能食品としてのものは沢山あるんですね。ところが、この卵殻膜は、構造を作る。我々の身体は、細胞を基準にしても、構造と機能が一体化しているんです。けれども、機能を良くしようという健康食品はいっぱいありますけれど、構造を良くしようという健康食品は殆どない。そういう意味では、我々の身体が、例えば老化をしていくという段階になったときには、 これは構造が壊れていくわけですね。そうしますと、構造を立て直すことによって機能を何とかしようと。 そういう意味では、EMプロテインというのは新しい立場の健康食品だと考えています。 付け加えますと、EMプロテインを動物に与えるとしますと、その動物のミトコンドリアの量が増えてくる。ミトコンドリアというのは、 生命のエネルギーを作る場所ですから、そういう工場が多くなってくる。そのことは、少なくとも細胞の内部にも影響を与えて、エネルギーをどんどん作って、 よく言えば若返るような力を与えてくれる作用ももっているのではないかと考えております。今後も食の安全と卵殻膜の可能性の追求を続けていきたいと思います。」


ページトップへ